ゴーフード、糖質1.5gの超低糖質パンを発売 - 人気レストランがレシピ開発

© 株式会社マイナビ

ゴーフードは11月6日、 低糖質・高タンパク質のフードデリバリーサービス「GOFOOD(ゴーフード)」で、低糖質パン「ゴーブレッド」を発売した。

美食ガイド『ゴ・エ・ミヨ』に2年連続掲載されたイタリアンレストラン「リナシメント」(東京都目黒区)がレシピを監修・コラボした。「とにかく一番は『おいしい』をゴールに設定した。普通の低糖質パンではなく糖質も極限まで抑えてある。おいしいと超低糖質の2点を満たそうとつくり上げた」と同レストラン小川慎二シェフ。

おからをベースにしたしっとりもっちりとした生地に、カリッと香ばしく焼き上げたクルミがアクセント。成分は1個(62g)当たりエネルギー137Kcal、たんぱく質5.9g、脂質8.0g、糖質1.5g、食物繊維8.8g、食塩相当量0.5g。

そのほか新メニューとして、同じくリナシメント監修「低糖質パスタ(ナポリタン風)」(2021年発売予定/価格未定)、 オリジナルデザート「低糖質ガトーショコラ」(11月中旬発売/1セット3個598円)、「低糖質チーズケーキ」(11月中旬発売/1セット3個598円)の2種、 MCTオイル入りの「ゴーコーヒー」(12月発売/価格未定)を開発。順次発売予定だ。

ゴーフードは昨年7月創業。今年2月にGOFOODのサービスを開始し、これまで「ブロチキ(ブロッコリーとチキン)」「ハンバーグ」「鶏もも肉ステーキ」など5メニューを展開している。冷凍の状態で届いた商品をレンジで温めるだけで食べられる。

※価格はすべて税込