バイデン次期米大統領の当選を受け多くのヒップホップアーティストたちがコメント

© ユニバーサルミュージック合同会社

2020年の大統領選挙で当選確実となった民主党のJoe Biden(ジョー・バイデン)氏。アメリカ国内ではジョー・バイデン候補の当選確実を町中で祝っている人も多く、ベルの音や歓声などで賑わっているようだ。次期米副大統領Kamala Harris(カマラ・ハリス)氏はアメリカ初となるアフリカ系、アジア系、女性の副大統領となることもあり、多くの人が選挙の結果を祝っている。  

そんな中、選挙の結果を喜び、コメントをしたヒップホップのアーティストたちのSNSの投稿を紹介したい。  

関連記事: デ・ラ・ソウルが大統領選挙に向けてタリブ・クウェリ、ファロア・モンチ、チャック・Dなどが参加したニューシングル「Remove 45」をリリース。

Q-Tip

「ハーレムの様子」 

Kid Cudi

「やったなジョー!これは美しいよ。」 

El-P

 real shit we all know plenty of the fuck shit still cometh but tonight we are getting fucked up

— el-p (@therealelp) November 7, 2020

「マジな話、まだまだ大変なことは残っている。だけど今夜は騒ごう」

 Kurtis Blow 

「ヒーリングを始めさせよう!みんなに愛を!」 

Alicia Keys 

「あまり泣くタイプじゃないけど、今回は泣いてしまった。憎しみに勝利はさせない。みんなが力を合わせれば、私たちは勝利をするということ!まだまだやることは残っているけど、声を上げ、強く居続けよう。これからが本当の頑張りどころ。おめでとう@KamalaHarris😭💥」 

YG 

「FUCK DONALD TRUMP」 

Kenny Beats

「トランプのバカなサポーターが今どんな顔をしているか想像すると、泣きそうなくらい笑えるよ。あなたのことを気にかけもしない一期だけのレイシストな大統領のために、自分のすべてのリスペクトやクレディビリティを失うってどんな気分なんだろうな…。俺たちは忘れてないからな👋🏻」 

Lil Yachty

Chance The Rapper