台湾自転車客を誘致 茨城県がオンラインツアー

©株式会社茨城新聞社

「つくば霞ケ浦りんりんロード」の魅力を体感してもらうオンラインツアーの中継=つくば市内

自転車大国・台湾からのサイクリスト誘客を推進しようと、茨城県は10日、現地の旅行代理店やメディア関係者に自転車道「つくば霞ケ浦りんりんロード」の魅力を体感してもらうオンラインツアーを開き、沿線の観光をPRした。

筑波山中腹の古民家ゲストハウス「旧小林邸ひととき」(つくば市筑波)からテレビ会議システムで中継。ナショナルサイクルルートに指定されたコースや、寄り道スポットを紹介し、紅葉が進む筑波山神社周辺の様子も配信した。県のサポートライダー、吉岡直己さんは「霞ケ浦一周は平坦で快適。筑波山ではヒルクライムも楽しめる」と紹介した。

台湾からは、宿泊サービスの内容や、自転車を乗せて観光船が運航する「サイクルーズ」に質問が集中した。進行役の藤田愛さんは「豊かな自然や上級者も楽しめる点を魅力に感じてもらえた」と今後の展開に期待を寄せた。