五輪の観客、入国時の待機免除

上限数は来春までに判断

© 一般社団法人共同通信社

国立競技場の観客席

 政府は12日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する調整会議の第5回会合を首相官邸で開いた。海外から観客を受け入れる場合、感染状況が安定した国・地域からの入国については、通常求めている14日間の自主待機措置を免除する方針を確認した。

 公共交通機関での移動も原則容認するが、感染状況の悪化した国からの観客には自主待機を求めるなど、適切な防疫措置を取る。観客数の上限は感染状況に応じた政府の規制に準じることとし、海外からの観客の受け入れ可否も含めて、来春までに判断する。

東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する調整会議であいさつする杉田和博官房副長官(中央)=12日午前、首相官邸