葉山翔太 舞台「ヘリオガバルスの薔薇」で主演、いつもとは違う姿をお見せできると思うと興奮します!

©株式会社ジェイプレス社

舞台「ヘリオガバルスの薔薇」が11月20日から22日まで、ザムザ阿佐ヶ谷で公演される。主演を務めるのは、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』の波羅夷空却役をはじめ、『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!』の道後一六役で活躍の、声優:葉山翔太。葉山は今作品が初主演作となり、ローマ史上最凶最悪の美少年皇帝をドラァグクィーンとして演じる。その、葉山に舞台への意気込みなど聞いた。

--葉山さんが初主演を務める舞台「ヘリオガバルスの薔薇」の紹介と役どころを教えて下さい

約2000年前のローマ帝国が舞台で、ネロやカラカラのように史上最悪のローマ皇帝と言われるヘリオガバルスを題材に、いつの時代からも続く差別や迫害といった、僕たちの周りを埋め尽くす常識についてもう一度考えてみよう、という物語です。

僕が演じさせていただくヘリオガバルスを調べると出てくるのが「女装してローマに入場した」とか「宮殿を売春宿にした」など、残虐性が注目される暴君とは違った異常性を指摘されています。

今回の台本では、彼の奔放な執政や破滅的な生き方の裏にはこういうワケがあったのではないかと語りながら、世間の常識をバッサバッサと切り捨て問う彼の姿に、笑顔になり共感していただける方がいらっしゃると嬉しいです。

--見どころは?

僕は劇団TremendousCircusさんは唯一無二の作品を、手がけていると心底思うのです。

まず初めて劇団の作品を観劇なさる方には、今まで見たことのないものをお観せすることができると思います。僕も初めて観た時、その迫力に次の日も興奮しっぱなしでした。声、衣装、ダンス、歌……目に映るもの、耳に響いてくるもの全てを心に染み込ませて持って帰っていただきたいです。

--改めて意気込みを聞かせて下さい

今年は本当に、どんな人にとっても大変な年であると思います。

そんな中で、ありがたいことに劇場でお客様の前での公演をさせていただける機会を頂戴し、稽古場として使わせてくださった施設の方や、対策について考えてくださった劇団の方、ご協力いただく舞台スタッフの方、一緒に稽古をしているキャストの方、皆さんに感謝しております。

ここ最近の状況も踏まえ、対策を厳重にとって参りいますので、皆様も気を付けながらも安心して楽しんでいただけたらと思います。そして、この「ヘリオガバルスの薔薇」という作品は、彼ら彼女らは何を訴えていたのか考えていただけることを願って演じます。

--ファンの方にメッセージを下さい

「ヘリオガバルスの薔薇」の情報が出た瞬間から、皆さんが興味を持ってくださったことを大変嬉しく思っています。いつもとは違う姿をお見せできると思うと興奮しますし、緊張もします。皆さんに新しい感覚、もしくは感じていた疑問に対する答えのようなものを導くきっかけとなったらこの上なく幸せです。

◎葉山翔太(はやま しょうた) 11月15日 山口県出身

【休日はどんな過ごし方】映画を見て、ゲームをして、漫画を見て……最近は、ほぼインドアでネット活用して楽しんでます。

【愛用品】猫柄の化粧ポーチ

ヘリオガバルスの薔薇公式ページ http://tremendous.jp/heliogabalus/

リアルタイムのLIVE配信と、配信後2週間のアーカイブ配信が見放題!

配信チケット・アーカイブ有 ご購入