石造りの教会はここだけたい

-頭ガ島-

© 聖母の騎士社

聖母の騎士社

印刷出版業

聖母の騎士社

印刷出版業

聖母の騎士社は印刷出版業務を行うことを目的として長崎県長崎市の聖母の騎士修道院内に設置されているキリスト教の出版社です。

聖母の騎士社の記事一覧を見る

長崎県には、島が多い。

大は対馬、平戸島から、小は人家のない小島にいたるまで、およそ400の島が洋上に点在している。

五島列島の頭ガ島は、周囲約1キロの小島。人家は10軒あまりで、おそらく人の住める最低限の島だろう。

住民はみな、カトリック信者である。

その島の、貧しい家並みに囲まれて、石造りのどっしりした教会があった。

神父さんは鯛の浦から通ってくる。

こんな辺ぴなところに、よくもまあ石を運び、立派な教会を建てたものだ。信仰の力は不思議なものである。

「石で出来た教会は、日本ではここだけ、ということですタイ」― 島の人々は誇りに思っている。

伝馬船が着く砂浜のすぐ上は、墓地だ。

この島のどこにも、若者の姿は見いだせない。老人と子どもたちだけが、島を守って、寒空の下で生きている。

カトリックグラフ 1971年2月号より掲載  長崎県南松浦郡・頭ケ島天主堂