NY株反発、327ドル高

米景気回復に期待

© 一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所=23日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比327.79ドル高の2万9591.27ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの開発進展を背景に米景気回復への期待が高まり、買いが優勢となった。

 英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大がワクチンの有効性を示す試験結果を公表したことが好感された。米景気指標が市場予想を上回ったことも、投資家心理の改善につながった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は25.66ポイント高の1万1880.63。

 銘柄別では、シェブロンやボーイングの上昇が目立った。