BC神奈川、元横浜監督・山下大輔GMの退任を発表「アマチュア野球を見てみたい」

©株式会社Creative2

BC神奈川が山下大輔GMの退任を発表【写真提供:神奈川県民球団】

山下氏は現在68歳「ここでプロのチームを離れることを決断しました」

ルートインBCリーグ・神奈川フューチャードリームスは26日、山下大輔GMの退任が決定したと発表した。68歳の山下氏は「来年は数え年で古希を迎えます。元気な限り野球に関わっていたいと思っており、NPB、MLB、独立リーグと様々な経験をする中で、アマチュア野球を見てみたいという気持ちになり、ここでプロのチームを離れることを決断しました」とコメントした。

DeNA前身の大洋で活躍した山下氏は横浜監督、楽天2軍監督などを歴任。今季から参戦した神奈川のGMに就任していた。山下氏は「今シーズン、コロナ禍により練習が出来ないなど本当に大変なシーズンではありましたが、鈴木尚典監督を中心に非常にまとまりのある、バランスの取れたとても良いチームになってくれました。そして参入初年度優勝を成し遂げ、GMとして胴上げをしてもらい、とても楽しい素晴らしいシーズンを過ごさせていただき大変光栄です」と振り返った。

山下氏は来年3月5日に69歳となる。74年のプロ入りから遠ざかっていたアマチュア球界に興味を持ったようだ。「来季も神奈川フューチャードリームスの活躍、そして連覇を心より願っております。引き続き神奈川フューチャードリームスにご支援、ご声援をよろしくお願い致します」とコメントした。(Full-Count編集部)

この記事はいかがでしたか?