エチオピア連邦軍、北部州都制圧

アビー首相発表

©一般社団法人共同通信社

エチオピア・ティグレ州から隣国スーダン東部の難民キャンプに逃れたティグレ人の女性や子どもら=28日(AP=共同)

 【ナイロビ共同】エチオピア連邦政府軍と北部ティグレ州政府を率いるティグレ人民解放戦線(TPLF)の紛争で、同国のアビー首相は28日、連邦政府軍が州都メケレを制圧したと発表した。同日にメケレへの攻撃を開始していた。

 アビー氏は、軍が空港や政府施設を支配下に置き「ティグレ州の軍事作戦は完了した」と表明。今後はTPLF指導部の拘束や地域の再建、人道援助に全力を注ぐと強調した。連邦政府は電話やインターネットを遮断し情報を統制しており、現地の詳しい状況は不明。TPLFはゲリラ戦が得意とされ、戦闘が継続する可能性もある。

 アビー氏は昨年、ノーベル平和賞を受賞した。

エチオピア・ティグレ州メケレ、アディスアベバ、エリトリア