首相、国土強靱化に15兆円指示

新5カ年計画で、災害対策強化

© 一般社団法人共同通信社

閣議に臨む菅首相(中央)ら=1日午前、首相官邸

 菅義偉首相は1日の閣僚懇談会で、災害に強い地域づくりを目指す国土強靱化の「3カ年緊急対策」が2020年度で終了するのを受け、事業規模15兆円の新たな5カ年計画を取りまとめるよう関係閣僚に指示した。強靱化を担当する小此木八郎防災担当相が記者会見で明らかにした。

 計画は「5カ年加速化対策」で、対象期間は21~25年度。初年度の関係事業費を20年度3次補正予算に盛り込む。月内に閣議決定する見通し。

 政府は当初、事業規模の総額を12兆円程度とする方向で調整していたが、15兆円程度が必要とする与党側の主張を受け入れた。