収入低いと「草食化」?

交際や結婚、1万人超分析

© 一般社団法人共同通信社

交際・結婚と収入などの関係

 日本の18~39歳の男女で異性との交際に関心がない人は、交際中の人や既婚者に比べ収入が低いとする分析を東京大などの研究チームが1日までにまとめた。恋愛に消極的な「草食化」は個人の特性とみなされがちだが、チームの坂元晴香東大特任研究員(医療政策)は「不安定な収入や雇用を理由に交際や結婚を諦めている人がいるのではないか」と指摘する。

 1万人以上を分析した。「交際に関心がない」人の年収を見ると300万円未満が76.4%を占めた。「交際に関心がある」(65.5%)、「未婚で交際中」(59.0%)、「既婚」(23.4%)の順に300万円未満の割合は低くなっていた。