鎌倉で老舗の喫茶店イワタコーヒー。文豪も通った名店を紹介。

© Life Pleasure

鎌倉で老舗の喫茶店と言えば、イワタコーヒー。
昭和20年(1945)開業の老舗の喫茶店で、3代に渡りお店を守っています。

昭和の文豪達が足繁く通い、川端康成や大佛次郎、あのジョンレノンやオノヨーコもイワタコーヒーを訪れていました。

そしてイワタコーヒーの名物といえばホットケーキですが、実は他にも美味しいメニューが色々有ります。

ここではイワタコーヒーのおすすめメニューや、混雑状況、知ってから行くと楽しいちょっとした裏話をご紹介します(^^)

イワタコーヒーおすすめの楽しみ方

奥の窓際の席で緑を楽しもう!

外見は狭く見えますが、実は中は広く奥まで続いています。

入り口付近はレトロですが、奥の方は明るい窓際の席からは庭園が望め、四季折々の景色を楽しむことができます。

窓際の席は人気のため常に人がいっぱいです。なのでもし空いていたらラッキー!窓際の席に座って、のんびり景色を楽しみましょう。

一人で行くなら、入り口付近でのんびり

イワタコーヒーは人気は窓際なので、奥の方はとても混雑しています。逆に入り口付近は、平日なんかは空いていることもしばしば。

しかも2人掛けの小さいテーブルと椅子が並んでいるので、一人でも邪魔にならず長時間滞在するのにも居心地がいいです。

人が多い場所で一人で過ごすよりも、入り口付近でのんびり過ごすのもいいですね。

文豪やジョンレノンにも愛されたイワタコーヒー

数々の文豪が住んでいた街、鎌倉。
当時の文豪達が足繁く通ったのがイワタコーヒーです。

川端康成や大佛次郎、澁澤龍彦、堀口大学、立原正秋など。

そしてあのビートルズのジョンレノンオノヨーコも、イワタコーヒーを訪れたことがあります。そんな歴史を感じながら、ゆっくりコーヒーと楽しいおしゃべりを楽しみたいですね。

イワタコーヒーに行って来ました!

レトロなショーウィンドウが気になる

私がイワタコーヒーに行ったのは平日の12時くらい。思いっきりランチタイムに行ったんですが、混んでるものの並ばずに入れるとのこと。

昨日はホットケーキが16時半の段階で終了していたので、今日こそホットケーキを逃したくない気持ちから即入店!

お店に入るとまず店員さんに、ホットケーキは注文するか聞かれました。注文することを伝え、席に案内されました。

窓際は空いていなくて、真ん中くらいの席に座ります。ホットケーキの他に、オリジナルブレンドコーヒーを注文。

ホットケーキが来るまで暇だったので、コーヒーを飲んで店内の鎌倉ガイドブックを読みながらゆっくり待ちました。

↑ホットケーキ以外のおすすめメニュー

店内は明るく緑いっぱいの奥の窓際と、レトロな入り口付近では雰囲気が全く違いました。どちらも落ち着いていて素敵。

一人なら入り口付近、複数なら窓際がいいなぁと思いました。

平日の昼間だったので、並んでいる人はいなかったですが人は常にいっぱい。修学旅行生も多く、観光名所状態。

店員さんはとてもテキパキしていて、学生さんにも優しく話かけたり、海外のお客さんにも英語で対応していてプロだなぁと関心。

20分くらい待ってホットケーキが来ました。すごい分厚くて大きい。

見てください、この厚み!3〜4センチはあると思います。食べてみると外ザクザク、中はしっとり。なかなか食べ応えがあります。

そんなに甘くないので、バターをたっぷり染み込ませて、メープルシロップを多めにかけて食べるとジューシーでとても美味しかったです。

バターは最初に2枚ともに乗っけて、温かいうちに溶かしておくのがおすすめ。そして一枚づつ食べると食べやすいです。

バターが結構大きくて、こんなにつけたら気持ち悪くならないかな?と心配していたんですが、意外にももっと欲しくなるくらいバターとの相性がよかったです。

なかなかのボリュームで、一人で食べるには時間がかかってしまいました。

次は誰かと来て、色んなものをシェアしたい!

イワタコーヒーは、ゆっくり何度でも来たいと思える素敵な喫茶店でした。

ぜひまだ行ったことない人は、行ってみてくださいねヾ(*´∀`*)ノ