英国でコロナワクチン接種開始

日米欧で初の実用化

©一般社団法人共同通信社

8日、英中部コベントリーの大学病院で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受ける90歳の女性(AP=共同)

 【ロンドン共同】英国で8日、米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが共同開発した新型コロナ感染症のワクチン接種が始まった。同ワクチンの実用化は日米欧で初めて。世界で150万人以上の命を奪った新型コロナ感染症が中国で初確認されてから1年。ウイルスとの闘いは転機を迎え、流行収束と日常生活への回帰に期待が高まる。

 ジョンソン首相はツイッターに「一緒に感染症を打ち負かそう」と投稿、英国史上最大規模のワクチン接種計画への協力を国民に呼び掛けた。接種開始前には、ワクチンが広く行き渡るまで「時間がかかる」と述べ、流行抑制のための規制に従うよう求めた。