エベレスト、86センチ高かった

ネパールと中国が共同発表

© 一般社団法人共同通信社

エベレストの標高を測量する中国の登山隊=5月(新華社=共同)

 【ニューデリー共同】ネパールと中国は8日、両国にまたがる世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ)の標高について、新たな測量に基づいて8848.86mとすると発表した。ネパール政府によると、これまでより86センチ高くなった。

 ネパール政府によると、山の標高に国際機関などの承認は不要で、今回の数字が今後の正式な標高となる。

 これまでネパールは1954年にインドが測量した8848mを公式としてきた。一方で中国は2005年に再測量し、氷雪部分を除き8844.43mと公表。

 ネパールは昨年、中国は今年、それぞれ測量のための登山隊を登頂させ、GPSも活用した。