コロナに負けるな! 夜空染める「応援花火」 金武町で打ち上げ

© 株式会社琉球新報社

 【金武】金武町は5日、町民一丸となって新型コロナウイルスに打ち勝つことを願い、「応援花火」を金武中グラウンドで打ち上げた。15分間、色鮮やかな花火が夜空を染めた。

 同企画は新型コロナで中止となった「金武町まつり」の一環でもあり、また海外移民の父・當山久三が第1回ハワイ移民を送り出して120周年の記念、さらに町制施行40周年記念という節目を受けて実施。あいにくの雨となったが、60代女性は「(花火が)降ってきそうなほど迫力があった。見られて良かった」と満足そうに話した。

この記事はいかがでしたか?