欧州医薬品庁にサイバー攻撃

新型コロナ禍で激化

© 一般社団法人共同通信社

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は9日、同庁がサイバー攻撃を受け、捜査中だと発表した。同庁はEU域内で接種される新型コロナウイルス感染症ワクチンの年内承認に向けて手続き中。新型コロナが世界的に流行する中、保健・医療機関を狙うハッキングの試みが激化しているという。

 EMAは「捜査中」だとして攻撃の詳細を示さなかった。これに関し、ロイター通信は9日、国家に雇われたスパイから一般のサイバー犯罪者まで、新型コロナの最新情報を得るために活動を活発化させていると指摘した。