【韓国】公共の建設現場、日曜休業を義務化[建設]

©株式会社NNA

韓国国土交通省は、13日から公共建設工事の全ての現場で日曜日の休業を義務化すると明らかにした。建設現場はこれまで、原則的な休業日がなかった。労働者の勤務形態を改善して建設現場の安全対策につなげる考え。

日曜日に工事が必要な場合は、施工事由や安全管理対策案などを提出し、当局からの承認を受けなければならなくなる。ただし、災害復旧など緊急な場合に限っては事後承認も可能という。

韓国国土交通省は「日曜日休業制の導入により、建設現場における労働者の安全と休息を優先する文化が根付いてほしい。工事現場の安全や賃金向上、雇用安定など建設業の労働環境を改善して、若者も好む就職先にしたい」としている。