初のゲノム編集食品が流通へ

血圧下げるトマト、企業が届け出

© 一般社団法人共同通信社

血圧を下げる作用がある成分をゲノム編集で増やしたトマト(江面浩・筑波大教授提供)

 ベンチャー企業「サナテックシード」(東京都港区)は11日、遺伝子を効率的に改変できるゲノム編集技術を使って同社が開発したトマトの販売・流通を国に届け出た。ゲノム編集食品の届け出は国内初。血圧を下げる成分を多く含むように品種改良されているという。

 厚生労働省の専門調査会が同日、販売・流通を届け出だけで認めることを了承したのを受けた。外から組み込んだ遺伝子が残っておらず安全性の審査が不要と判断された。

 ただ、実際に流通して消費者が手に取るのは、従来の品種と掛け合わせた“子孫”に当たる「後代交配種」が大半になるとみられ、店頭に並ぶまでには時間がかかる見通し。