みなみが女子プロ野球からの退団を発表 現役は続ける意向「女子野球の普及に貢献」

©株式会社Creative2

女子プロ野球・埼玉アストライアからの退団を発表したみなみ【写真:荒川祐史】

自身のインスタグラムで報告「今季で女子プロ野球を退団する事を決めました」

女子プロ野球・埼玉アストライアに在籍するみなみ(高塚南海)外野手が今季限りで女子プロ野球から退団することを発表した。自身のインスタグラムで退団を表明した。

2015年から女子プロ野球でプレーしていたみなみはこの日、自身のインスタグラムで「今季で女子プロ野球を退団する事を決めました。直接プレーを観ていただいて感謝の気持ちをお伝えしたかったのですが様々な事情と今年はコロナの影響で無観客試合が続き、報告が遅くなってしまった事申し訳ございません」と報告した。

2017年には3本塁打を放つなど、女子プロ野球界で屈指の長距離砲として活躍。また、「美女9総選挙」で2018年に2位、2019年には3位となり、美女アスリートとしても注目を集めた。6年間のキャリアを振り返り「6年間女子プロ野球選手として素晴らしい環境でプレーできたことたくさん経験させていただき成長することができました。そしてたくさんの方々と出会い、支えていただいたおかげでどんな時も踏ん張って頑張ることができました。本当にありがとうございます!」と感謝の思いも綴った。

今後も選手としてのプレーは続けていく意向で「野球人生はまだ続けていきたいと思っていますので次のステージでまた新たな道で活躍して少しでも女子野球人口への普及に貢献し、応援していただく皆様への恩返しが出来るように努力していきます。また、報告できる日がきましたら次のチームを報告させて頂きます」と綴った。(Full-Count編集部)