ローソン、単発バイトを導入

試験的に、店舗の急な欠員に対応

© 一般社団法人共同通信社

ローソンのロゴ=2019年5月、東京都中央区

 ローソンは11日、店舗で急な欠員が生じた際に、シフトを埋める数時間程度の単発アルバイトをオンラインで募集できる仕組みを試験的に導入すると発表した。店舗はシフトが始まる3時間前まで募集が可能で、人手不足を柔軟に解消できるようになる。空いた時間を使って働きたいといった主婦や学生など求職者のニーズにも応える。

 導入するのは、ローソンの関連会社「ローソンスタッフ」(新潟市)の短期人材採用サービス。東京都と埼玉県、千葉県の1都2県の約500店舗で、12日から来年2月末まで導入実験を行う。将来的に全国の店舗に利用を広げる。