キム・ギドク監督死去と報道

韓国の「鬼才」、コロナで

©一般社団法人共同通信社

キム・ギドク氏

 【ソウル共同】聯合ニュースによると、韓国の映画監督で2012年に「嘆きのピエタ」がベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞に輝いたキム・ギドクさんが、新型コロナウイルスに感染し、訪問先のラトビアで11日未明に死去した。59歳だった。現地の消息筋の話としている。

 キムさんは韓国で「鬼才」と評され、「嘆きのピエタ」は、韓国映画として初めて世界三大映画祭の最高賞を獲得した。

 一方、17年には作品の撮影中に俳優の女性に平手打ちしたなどとして告訴され、略式起訴された。

  聯合によると、11月20日からラトビアを訪問し、12月5日に連絡が途絶えていた。