各国首脳、脱炭素へ意欲

国連がパリ協定5年で会合

©一般社団法人共同通信社

パリ協定に関する各国の取り組み

 地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」採択から5年を記念した国連のオンライン会合が12日、開かれた。猛暑や森林火災など温暖化との関わりが指摘される災害が世界で頻発する中、各国が脱炭素に向かう意志を確認する狙い。70以上の国や地域の首脳らが事前収録したビデオ演説の形で参加した。菅義偉首相は「2050年までに温室効果ガス排出を実質ゼロにすることを目指す」と宣言した。

 国連や、気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で議長国を務める英国などが会合を主催。COP26は11月の予定だったが、新型コロナで1年延期され、対策強化の機運維持が課題となっていた。

「パリ協定」採択から5年を記念した国連のオンライン会合でスピーチするグテレス事務総長=12日(国連提供)
「パリ協定」採択から5年を記念した国連のオンライン会合でビデオ演説する菅首相(国連提供)