ロシアが米財務省にハッキング

内部情報入手

© 一般社団法人共同通信社

米財務省の建物=ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】ロイター通信は13日、ロシアが米財務省や商務省にハッキングし、内部のメールのやりとりを傍受していたと報じた。ワシントン・ポスト紙によると、連邦捜査局(FBI)はロシア対外情報局(SVR)が数カ月にわたって侵入していたとみて捜査している。

 どのような情報が盗まれたかは不明。ハッカーは「高度に洗練されている」とみられ「米政府全体を標的にした巨大なサイバースパイ作戦」との見方が出ている。

 事態を重く見た国家安全保障会議(NSC)は12日に緊急会合を開いた。NSC報道官は「あらゆる措置を講じる」と説明した。