規制委、原電本店に立ち入り調査

敦賀資料書き換え、社員聴取も

©一般社団法人共同通信社

立ち入り調査のため日本原子力発電本店を訪れた原子力規制庁の担当者ら=14日午前、東京都台東区

 原子力規制委員会は14日、日本原子力発電が敦賀原発2号機(福井県)の審査資料を不適切に書き換えた問題を巡り、原電本店(東京都台東区)を立ち入り調査した。原発の審査段階で発覚した問題を受け、事業者に立ち入り調査をするのは規制委発足後初めて。

 調査は原子炉等規制法に基づき、15日まで実施する。書き換えの詳しい経緯などを担当社員から聴取するほか、原電の原因分析や是正措置が妥当かどうか検証する。必要に応じて原発への立ち入りも検討する。

 規制委事務局の原子力規制庁の古金谷検査監督総括課長ら7人が原電の剣田副社長らと面会し、「誠実な対応をお願いしたい」と求めた。