SHAED、厳しい現状の中、ファンへ愛を込めて制作した新曲「Once Upon A Time」が配信

© ユニバーサル ミュージック合同会社

口笛の音色がキャッチーなシングル「Trampoline」が、2018年Apple MacBook AirのCMソングに起用され、一気に大ヒット曲と化した、ワシントンD.C.出身のエレクトロ・ポップ・トリオのSHAED(読み:シェイド)。翌年にはZAYNと共演した「Trampoline」の新バージョンがリリースされ、更なるロングシングルと化し、全米ビルボードHot100においてTop15入りを果たした。それから約1年経ち、今年10月に「No Other Way」がリリース、そしてこの度ニュー・シングルとなる「Once Upon A Time」がリリースされた。

「Once Upon A Time」は、SHAEDのメンバー自身によりプロデュースされ、ZOOMを通して、ブライアン・イーノなどの作品を手掛ける作曲家ジェレック・ビショフと共に、13ピースのFAME’S マセドニア・シンフォニック・オーケストラを指揮しながら創り上げられた壮大なバラードとなっている。シングルの配信直後にはミュージック・ビデオも解禁され、監督のクレジットにはDaniel St. Oursと共に、SHAEDも名を連ねている。

SHAEDのメンバー達は、「この楽曲は若い頃の初恋の儚さを描きました。初恋は、強く愛する気持ちと共に、疑いや後悔もあり、その人の腕の中で死ぬのかと思いきや、瞬く間にその夢が崩れてしまう・・・。黄金色に輝き、繊細さを兼ね備えた美しい初恋を、この曲と、そのミュージック・ビデオで表現したかったのです。この厳しい現状の中、喪失感に駆られている人にとって、この楽曲が少しでも安らぎになることを祈っています。皆さんのサポートも、私達の多大なる支えになっています。みなさん、愛しています」と、この楽曲を世界中のファンへ、愛と共に捧げていることを彼らのSNSで公表している。

「Once Upon A Time」Official Music Video の視聴はこちらから

■ Release Information

アーティスト: SHAED(シェイド)
シングル:「Once Upon A Time」
リリース: 2020年12月11日(金)

★試聴・購入はこちらから

■ リンク

アーティスト日本公式ページ