BC栃木、元巨人・寺内崇幸監督の来季続投を発表「1人でも多くNPBへ支配下選手を」

©株式会社Creative2

BC栃木・寺内崇幸監督【写真:荒川祐史】

「栃木を盛り上げていけるよう共に頑張りましょう!」

ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスは14日、元巨人の寺内崇幸監督の来季続投が決定したと発表した。

寺内監督は現役時代に巨人で通算670試合出場して通算178安打を記録。現役引退した2018年12月に栃木の監督に就任。2019年にリーグ優勝したものの、今季は2年連続の地区優勝を逃していた。

寺内監督は「来季も指揮をとらせていただくことになりました。チーム創設5年目を迎えるにあたり、過去4年間でドラフト会議でのNPB支配下選手を輩出できていません。1人でも多くNPBへ支配下選手を輩出すると共に、シーズンでのBCリーグ制覇を目指して頑張ります! コロナ禍で大変な時期ではありますが、栃木を盛り上げていけるよう共に頑張りましょう! ご声援よろしくお願いします」とコメントした。(Full-Count編集部)