仏当局、ゴーン被告に追徴課税か

16億円分を差し押さえと報道

©一般社団法人共同通信社

カルロス・ゴーン被告(ロイター=共同)

 【パリ共同】14日付のフランス紙リベラシオンは、元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告が税法上の居住地を同国より税負担の軽いオランダへ移していたことを巡り、フランス税務当局が虚偽申告と判断し、追徴課税に向け、被告夫妻が所有する財産の計約1300万ユーロ(約16億4千万円)相当を差し押さえたと報じた。

 ゴーン被告は2012年に税法上の居住地をフランスからオランダに移したが、1年の半分以上同国に居住することが条件とされる。フランス当局は、日産側が購入した高級アパートのあったフランスが被告の職業上と私生活上の中心地であることに変わりなかったと見なしたという。