橋本(八戸西高) 全種目制覇/青森県スピードスケート選手権/1万mで大会、県高校新

© 株式会社東奥日報社

【県スピードスケート選手権】男子1万メートルを大会新記録の13分49秒34で制し、総合優勝を果たした橋本(八戸西高)。県高校記録も更新した=YSアリーナ八戸
【県スピードスケート選手権】女子1500メートルで1位となり、総合優勝した木村(八戸学院大)=YSアリーナ八戸

 第73回青森県スピードスケート選手権は最終日の13日、八戸市のYSアリーナ八戸で男女4種目を行った。

 男子は初日トップの橋本芳彦(八戸西高)が1万メートルで13分49秒34の大会新記録をマークし、県高校記録も塗り替えた。橋本は1500メートルも大会新記録の1分55秒05で1位となり、初日を含む全4レースを完全制覇。初の総合優勝を決めた。総合2位の佐々木海地(白山台中)は1万メートルで2位だったものの、14分28秒11の県中学新記録を樹立した。

 女子は初日首位の木村有希(八戸学院大)が1500メートルでも1位となり、初の総合優勝を果たした。5000メートルを制した上野恵理子(同)は総合2位だった。