マラソンの野上恵子が1月で引退

18年アジア大会銀メダル

© 一般社団法人共同通信社

野上恵子

 2018年ジャカルタ・アジア大会女子マラソン銀メダルの野上恵子(35)が来年1月末で現役を引退し退社すると15日、所属する十八親和銀行が明らかにした。世界で戦えるタイムを出せる状況になく、体も心も追い込めなくなったことで決断したという。

 野上は兵庫県出身。昨年9月の東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)にも出場し5位だった。来年1月24日に行われる選抜女子駅伝北九州大会がラストレースとなる。

この記事はいかがでしたか?