Microsoft、M1搭載Macにネイティブ対応したMicrosoft 365アプリをリリース

© 株式会社マイナビ

Microsoftは12月15日(米国時間)、AppleのM1チップ搭載版Macにネイティブ対応したMicrosoft 365アプリの新バージョンを正式リリースした。今回アップグレードされたのは、macOS版のOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの5つ。その詳細は、公式ブログの「4 ways Microsoft 365 is improving the experience for Mac users - Microsoft 365 Blog」で伝えられている。

M1チップはARMアーキテクチャをベースとしてAppleが独自開発したMac用の新しいCPUで、2020年11月に発売されたMacbook Air、Macbook Pro、およびMacMiniに搭載されている。Microsoftの発表によれば、今回のアップグレードで、対象のアプリはM1によって提供されるパフォーマンス向上を最大限に活用できるようになったという。アップグレードされたアプリはいずれもUniversal Windows Platform(UWP)ベースのユニバーサル版であり、M1チップだけでなくIntelプロセッサを搭載したMacでも引き続き高パフォーマンスで動作するとのこと。

Microsoft 365アプリの自動更新を有効にしている場合、新バージョンへのアップグレードは自動的に行われる。それ以外の場合は、Mac App StoreまたはMicrosoft AutoUpdateを用いてアップグレードすることができる。

今回のM1対応にはMicrosoft Teamsは含まれておらず、M1搭載版のMacで実行するには現時点ではRosettaエミュレーションモードを使用する必要がある。Teamsも含めて、Microsoftでは現在ユニバーサルアプリのM1対応を進めており、順次情報を提供していく予定とのことだ。