米10州、グーグル追加提訴

独禁法違反、ネット広告

© 一般社団法人共同通信社

グーグルのロゴ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米テキサスなど10州は16日、米グーグルのオンライン広告事業について、独占禁止法(反トラスト法)に違反しているとして、テキサス州の連邦地裁に提訴した。市場を不正に操作し、競争を阻害していると主張している。司法省などが検索サービスを巡って既に提訴しており、巨大IT企業への追及が強まっている。

 グーグルは、ウェブページなどに掲載されるオンライン広告のツールを一括して提供している。テキサス州のパクストン司法長官は「グーグルは独占的な力を利用して価格をコントロールした」と批判した。