花さん中傷140件スマホに保存

投稿者多数か、警視庁が立件検討

©一般社団法人共同通信社

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演し5月に死去したプロレスラー木村花さん=当時(22)=が、自分を中傷するツイッターの投稿約140件をスマートフォンに保存していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は、侮辱容疑で書類送検された大阪府箕面市の20代の男性の他にも多数の人物が書き込んでいたとみて、悪質性を捜査し立件を検討する。

 大阪の男性は6月に投稿者だと名乗り出て、木村さんの母親の響子さんに「一生罪を背負います」とメールを送っていた。

 捜査1課は誹謗中傷の書き込みは約200アカウント、約300件に上ったと確認している。