米内務長官に初の先住民

女性下院議員ハーランド氏

© 一般社団法人共同通信社

米下院議員デブラ・ハーランド氏=3月5日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】バイデン次期米大統領は17日、新政権の気候変動対策チームを発表し、内務長官に女性下院議員デブラ・ハーランド氏を指名すると明らかにした。上院が承認すれば、先住民系として初の閣僚となる歴史的人事。閣僚級ポストに非白人や女性、性的少数者を多く配置しており、ハーランド氏の起用で多様性が一層高まる。

 バイデン氏は気候変動問題を最重要課題に掲げている。ホワイトハウスに国内気候政策局を新設し、トップには大統領補佐官(国家気候問題担当)としてオバマ前政権の環境保護局(EPA)長官ジーナ・マッカーシー氏を起用する。