道路陥没、外環道工事が原因

東日本高速謝罪、住民補償へ

© 一般社団法人共同通信社

東京都調布市で起きた道路陥没について記者会見で説明する東日本高速道路の加藤健治・関東支社建設事業部長=18日午後、東京都練馬区

 東日本高速道路は18日、東京都調布市で10月に起きた道路陥没について、現場近くの地下深い「大深度地下」で行っていた東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事と「因果関係を認めざるを得ない。住民におわびする」と謝罪した。住宅に損傷が確認された場合は補償する。幹部が記者会見し、表明した。

 大深度地下の利用は外環道、リニア中央新幹線など4件で認可されているが、地表への影響は小さく、安全性が高いとされてきた。大深度地下の利用手順や補償ルールを定めた特別措置法は、今回のような陥没事故への対応は明確ではなく、安全対策や補償の在り方が議論になりそうだ。