大輪とタワー競演 小矢部

© 株式会社北日本新聞社

ライトアップされたタワーとともに冬空を彩ったクリスマス花火=クロスランドおやべ(吉田博昌撮影)

 クリスマスをテーマにした花火が18日、小矢部市のクロスランドおやべで打ち上げられた。音楽に合わせて約200発が夜空を鮮やかに染め、ライトアップされたタワーとの“競演”が来場者を楽しませた。

 同日始まった高さ118メートルのタワーを7色の光で彩るイベント「クリスマスタワーライティング」に併せてクロスランドが企画した。新型コロナ感染拡大防止のため、サプライズとして行った。

 午後7時から約10分間、赤や金色の大輪を次々に打ち上げた。タワーは赤や緑のクリスマスカラーで彩られており、来場者はロマンチックな雰囲気に酔いしれた。

この記事はいかがでしたか?