香川照之 3億円豪邸で新恋人と親密同棲!CA妻離婚から4年

© 株式会社光文社

自宅から車で現れた香川。

東京都内の閑静な住宅街にある一軒家から現れた英国車。ハンドルを握る香川照之(55)の隣に乗っていたのは、30代とおぼしき、大きな目とふっくらとした唇が印象的な女性だった。

’20年はドラマ『半沢直樹』の高視聴率に貢献した香川。現在は市川中車として歌舞伎座で12月26日まで「十二月大歌舞伎・第二部」に出演している。

「『半沢』で話題になった大和田取締役のセリフ『お・し・ま・い DEATH!』を披露するなど、舞台でも好評です」(梨園関係者)

本誌が香川を目撃したのは12月上旬。彼はいまコンクリート打ちっぱなしの3階建ての一戸建て住宅に住んでいる。

’19年4月に建てられたばかり。延べ床面積は300平方メートル以上の豪邸で、父・市川猿翁(81)が所有する物件だ。地元の不動産業者によれば3億円の価値はあるというが、猿翁は別の場所に立つタワーマンションに住んでおり、この豪邸に現れることはほとんどないという。

前出の梨園関係者が続ける。

「猿翁さんは香川さんが幼いころに離婚しています。俳優デビューしていた香川さんが、’91年にお父さんの公演先まで会いにいったところ、『僕とあなたは何の関わりもない』と、親子関係を拒絶されてしまったこともあったのです。

親子の交流は10年ほど前にようやく復活しました。いまは香川さんがお父さんから“もらった家”に住んでいる形ですが、感慨深いですね。香川さんの長男・市川團子くん(16)も十二月歌舞伎・第三部に出演しており、猿翁さんも見に来ているそうです」

香川は’16年に元CAの妻と離婚。それから4年、この梨園関係者によれば、彼は恋人と同居生活を送っているという。その情報をもとに本誌が自宅を訪れたところ目撃したのが、冒頭の美女とのツーショットだったのだ。

この日も昼過ぎから香川は舞台を控えていたが、恋人をどこかに送ってから、歌舞伎座に向かおうとしていたのだろうか。車中で笑顔を見せる女性はマスクを外して香川と会話を楽しんでおり、2人の親密ぶりも伝わってきた。

香川の好きな女性のタイプについて別の舞台関係者はこう語る。

「家庭的で尽くしてくれるタイプの女性が好みのようです。香川さんの会話の話題としては、まずは息子の團子さんのこと、次に昆虫でしょうか。それを聞いてくれることも条件なのでしょう」

“同居美女”との再婚は? 所属事務所に交際について問い合わせたが、締切りまでに回答はなかった。

「し・あ・わ・せDEATH!」と言うかはともかく、香川が再婚宣言を出す日はくるのか――。

「女性自身」2021年1月5日・12日合併号 掲載