NEWS加藤シゲアキ、直木賞候補に選ばれた心境告白「ちょっとは褒めてもいいのかな」

© 株式会社ドットレンド

NEWSの加藤シゲアキが12月18日に放送された『NEWS23』(TBS系)にVTR出演。著書の『オルタネート』が直木賞候補に選ばれた心境を明かした。

自身の著書『オルタネート』が直木賞の候補作品に選出された加藤。同作は高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」を巡る3人の高校生の物語が描かれている。

直木賞候補に選出されたことについて加藤は「びっくりしました。驚きましたね」と告白。「芥川賞、直木賞は憧れの文学賞なので、自分の作品に自信は持ちたいと思っているけど、まだまだだな、と思っている部分もたくさんある中で、ちょっとは褒めてもいいのかなってやっと思えた感じですね」と心境を明かした。

物語を描きながら自身で気付かされたことを聞かれると加藤は、自分を信じることも大切だが、他者や科学的なものを信じることも大切だと前置きし「信じることと信じすぎないことのバランスっていうものが、ここは気をつけていかないと、いろんなものを見誤ってしまう、大切なものを見逃してしまうなっていうのは、描いてても思いました」と回答。物語の中で描くのは人との出会いだとし「どうやって出会うか、出会ったときにどういうふうに感じるか、っていうところは描きたかったひとつの部分で、そこは三者三様にしていきたいな、という部分もありました」と振り返った。