日本郵便、貯金獲得の手当撤廃へ

来年4月に

© 一般社団法人共同通信社

日本郵便、ゆうちょ銀行などが入る日本郵政グループのビル=東京・大手町

 日本郵便が、貯金の獲得額に応じて郵便局員らに支給している手当を来年4月に撤廃する方針を固めたことが23日分かった。ゆうちょ銀行が昨年4月に預入限度額を倍増させたことを受け、民間金融機関の預金がゆうちょ銀に移る恐れがあるといった「民業圧迫」の懸念に配慮するのが狙い。

 日本郵政グループ労働組合(JP労組)は、来年2月に開く全国大会で撤廃方針を受け入れる方向だ。日本郵便は手当廃止に伴い、給与振り込み口座の獲得など顧客拡大につながる項目に評価の重点を置くようにする。

 日本郵便は郵便局員らが新たに契約した定期性貯金の額などで支払っている。ゆうちょ銀にはないという。