イヤなことは忘れて。ふんわり癒される大人の絵本、オススメ2冊

© アイランド株式会社

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、ふんわり癒される本

疲れた心を優しく包み込んでくれる絵本を選びました。毎日忙しい大人のためのごほうびのような2冊です。休憩するときや眠る前の読書にもオススメです。

幸せのコーヒー。

やあ、モカだよ。白くて小さなうさぎが、心も体も疲れきっていた「ぼく」の前に現れた。「元気のないきみに、とっておきのコーヒーをごちそうするよ」鳥の形をしたコーヒーカップにうさぎが作ってくれたのは幸せのコーヒーでした。

カプチーノで「まずは大きく深呼吸」。いろいろな種類のコーヒーそれぞれにお砂糖と一緒に溶けたのはきっと、大丈夫だよという気持ち。うさぎの優しさが込められています。

絵本を閉じたら幸せのコーヒーを淹れましょう。自分のためにあるいは大切な誰かのために。

モカと幸せのコーヒー
著者:刀根里衣
出版社:NHK出版

あずきの世界。

忙しいときも、疲れたときも、あんこに癒される毎日です。あんこのおやつがあれば、ほわっとやさしい気分になれるのです。この絵本では、そのあんこの原料となるあずきを細密画でわかりやすく紹介。あずきのたねが芽を出し、葉を伸ばし、どんどん大きくなって、いよいよ収穫するまでをていねいに描きます。

たい焼き、おはぎ、桜もち、おしるこ、羊羹、いちご大福と、おいしいあんこの食べものがずらり。そして、小さな赤い豆のお話は、あずきを使った料理やお菓子が、おめでたい席で食べられてきた話へとつながっていきます。あずきの奥深い世界の扉を開いてくれる一冊をどうぞ。

あずき(かがくのとも絵本)
作:荒井真紀
出版社:福音館書店

くわしくはこちらの記事をどうぞ。
『モカと幸せのコーヒー』
『あずき(かがくのとも絵本)』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/