WTCR:2021年向けレースフォーマットに小変更。女性ドライバー向けタイトルも新設

©株式会社サンズ

 TCR規定ツーリングカーの最高峰カテゴリー、WTCR世界ツーリングカー・カップは、12月16日に開催されたWMSC(世界モータースポーツ評議会)で2021年のレースフォーマット変更を承認し、週末2ヒート制の採用を決定。同時に、史上初の女性ドライバー向けタイトルを制定した。

 変則的カレンダーを強いられた2020年は週末3ヒート制を導入したWTCRだが、全8戦のスケジュールを予定する2021年に向けては、イベントごとに2ヒートのフォーマットを採用することを決めた。

 このうち、週末のレース2はドイツ・ニュルブルクリンク北コース、ノルドシュライフェでのイベントを除いて、サーキットの全長に応じてレース1より2~3周長く設定される。一方、1ラップが約25kmとなるノルドシュライフェでは、両ヒートともに決勝3ラップで争われる。

 レースウイークエンドは、通常45分と30分の2回のフリープラクティスセッションで始まり、その後に1回の予選セッションが続く形式に。この予選は同様の理由でドイツ・ラウンドを除き、全部で3つのセッションが内包される。

 この40分間の予選は中断されることなくノックアウト・フェーズが進行し、Q1とQ3終了時には最速の上位5名に5-4-3-2-1ポイントを付与。ニュル戦ではこのシュートアウト方式を採用せず、セッション完了時に10-8-6-4-2ポイントが与えられる。

 また、FIAが推進する“Women In Motorsport”活動の一環として、WTCRとして初の女性ドライバー対象のタイトルを制定。オンラインで協議されたWMSCでは、この女性ドライバーズタイトルは獲得ポイントに応じたスタンディングスにより年間タイトル獲得の権利を有するが、1戦につき年間登録の女性ドライバー3名がエントリーしている場合にのみ有効に。もちろん、その際の獲得ポイントはWTCRのオーバーオールでの戦績にも反映される。

TCR UKシリーズなどを経て、2020年はTCRヨーロッパにフル参戦したジェシカ・バックマン

■若手ドライバー向けの“ルーキータイトル”も“ジュニアタイトル”に改称

 2020年シーズン時点で、WTCRにフルエントリーを果たした女性ドライバーは存在していないが、その登竜門たる欧州格式のTCRヨーロッパ・シリーズで史上初の女性ウイナーに輝いたジェシカ・バックマンは、このタイトル制定を歓迎するとともに「必ず、WTCRにデビューしたいという意欲がさらに高まった」と述べた。

「もちろん、私の目標は世界的なツーリングカードライバーになることだし、プロとしてWTCRの舞台で戦いたいという野心を持っている。そこにたどり着くのは困難な道のりかもしれないけれど、TCRヨーロッパで確固たるポジションを確立し、WTCRの水準にあることを示し続ける必要がある」と、兄妹で名門ターゲット・コンペティションのヒュンダイi30 N TCRに乗るバックマン。

「このスポーツで本当に気に入っている部分は、男性や女性であることに関係なく、マシンの性能を最大限に引き出す技能をおなじ舞台で競えること。それが可能なスポーツは数えるほどしかなく、男性と対等の立場で成功できる可能性があると感じている」

 そして、2020年にスタートした“WTCRルーキードライバータイトル”は名称変更され、2021年から“WTCRジュニアタイトル”に改称。初代ウイナーのジル・マグナスを筆頭に若手ドライバーの参入を促す狙いを持つタイトルで、参加資格は2021年1月1日に24歳以下である必要があり、かつ2019年より前にWTCRでのレースを経験していないドライバーに限られる。

 21歳のマグナスや、2020年に史上最年少チャンピオンとなった24歳のヤン・エルラシェールなど、近年は参戦ドライバー層の若年化が進んでおり、昨季エントリーした29名のうち13名は25歳以下で、うち3名が10代。最年少はジャック・ヤングの18歳となっていた。

2020年創設のルーキードライバータイトルを獲得し、総合でもランキング5位に入ったジル・マグナス(アウディRS3 LMS/コムトゥユー・レーシング)