バカ売れ軽自動車「N-BOX」がマイナーチェンジしてさらにパワーアップ【みんなの声を聞いてみた】

© 株式会社MOTA

登場から軽自動車販売ランキングトップを常に走り続けるホンダの人気モデル N-BOXが、2020年12月24日(木)に大規模なマイナーチェンジを実施した。そんな新型N-BOXについて、実際に一般ユーザー、さらには購入検討者にはどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

ホンダ 新型N-BOX L コーディネートスタイル[2020年12月マイナーチェンジモデル]

快進撃が続くホンダ N-BOXがさらに王道のマイナーチェンジ

発売当初から売れに売れているホンダ N-BOX。今回のマイナーチェンジでは、デザイン面ではベースモデルのN-BOXに対し、N-BOXカスタムの差別化をさらに明確にするなど最小限の変更を行っている。

まず、N-BOXのデザインについては、親しみやすい印象の基本路線はそのままに、背の高さを中和するように、見た目の安定感を上質感と共に付与した。

いっぽうN-BOXカスタムについては、2代目のモデルチェンジ時にユーザーから「ややおとなしくなった」との指摘も多かったことから、より高級感や存在感を増すデザインとした。バンパー下部右寄りにオフセットしていたナンバープレートの配置についても、バンパー中央部に移設。これもユーザーから指摘されていた、数少ない改善要請だったという。

その他、今回のマイナーチェンジでは、これまでもあったルーフ部を別色で塗り分ける2トーンカラーにプラスして、内外装を含めたトータルコーディネートを実施。「コーディネートスタイル」としてパッケージオプションの設定とした。

N-BOXは、ルーフカラーをブラウンに統一。メッキドアハンドルやディッシュホイールでお洒落にキメた。インテリアも専用のダークブラウン内装とブラウン色調のシート表皮を組みわせる。

N-BOXカスタムはダークメッキ加飾の専用アルミホイールでシブく仕立てた。インテリアはブラック内装にマルチボルドーの塗装加飾が加わり、ホンダの軽初採用となるフル合皮シートと合わせ華やかな印象だ。

Honda SENSINGが機能向上も期待された電子制御パーキングブレーキは不採用

さらに今回のマイナーチェンジでは、それまでも装備されていた先進安全運転支援システムのHonda SENSING(ホンダセンシング)をさらにアップグレード。高速道路の速度規制が一部区間引き上げられたことを受け、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や車線維持支援システム(LKAS)、標識認識機能などを120km/hまで対応。また後方センサーを増やし、パーキングセンサーシステムを追加した。

また、リア席の荷物置き忘れなどを注意喚起するリアシートリマインダーのメーター表示機能も新たに設置。

このほか、CVT制御の改善や低振動・低騒音化を実施したほか、ターボエンジンの環境性能も向上させている。

一方、今回のマイナーチェンジでは、期待されていたN-WGNやN-ONEに搭載されている電子制御パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能は採用されなかった。これに伴い、アダプティブクルーズコントロール(ACC)での自動停止を含んだ渋滞追従機能も追加されていない。このあたりは引き続き今後に期待といったところ。

SNS上でのみんなの声は?

そんな新型N-BOXについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか早速確認してみた。

まずはポジティブな意見として「昔は軽自動車って我慢して乗るものだったけど、最早そんな概念はなくなった」「軽だと割り切った造りではなく、普通のミニバンを縮小した感じで、品質が高く売れるのは納得」「制約ある中で工夫して、デザインや機能を目一杯詰め込んで商品化するのがホンダは本当にうまい」「これ買っておけば間違いないという安心感」など、クオリティの高さを称える声が多数挙げられていた。中には「ホンダは正直やり過ぎ! 品質過多(笑)もう少し手を抜いて利益率を上げても誰も文句言わない」といった声まで見受けられた。

一方で「高級“感”があるだけの高額なクルマ」「軽にそこまで高級感は求めていない」「軽自動車って、もっと気軽に手軽に購入できるイメージでした」など、品質向上に伴いそれ相応の価格になってしまったことに対して不満を抱いている層もいるのは確か。中でも興味深かったのは「薄利多売の軽に力を入れすぎて、本来利益を上げなければいけないフィットのお客まで乗り換えさせ、結果赤字になっている。 それでいいの?」といった声もあった。

その他には「ノーマルの方にも黒の内装選べるようにして欲しい」「電動パーキングブレーキつけてほしかった」など、今回のマイナーチェンジに期待していたが少し残念といった内容のものもいくつか見られた。

電動パーキングブレーキの不採用などの不満は残るものの、それ以外で概ね盤石な体制を整えた新型N-BOX。軽No.1記録の更新はまだまだ続くと予想される。ただ、売っても売っても利益の低いとされる軽自動車。ホンダとしては、新型になったフィットを筆頭に普通車も売れてほしいというのが実情だろう。2021年のホンダの動きに期待を込め引き続き注目していきたい。

[筆者:MOTA編集部]