国内の各空港、目立った混雑なし

年末年始の帰省続く、国際線閑散

© 一般社団法人共同通信社

人がまばらな成田空港の国際線出発ロビー=26日午後

 年末年始期間の空の便で国内線の下りの予約率が最も高かった26日、古里などで過ごす人らの移動は午後も続いた。福岡空港には各地から帰省客らが続々と到着したが、目立った混雑は見られなかった。通常、新年を海外で迎える人らでごった返す成田空港の国際線も閑散としていた。

 福岡空港では宮崎市から帰省した福岡市の成人式に出席する予定の大学1年の女性(20)が「同窓会は無期限延期になった。友達に会いたいな」と話した。

 新幹線でも目立った混雑はなかった。東海道新幹線の東京駅発のぞみ自由席乗車率は20~60%。東北、上越、北陸の各新幹線も20~40%だった。