「武蔵の林昌勇」から「獅子の守護神」へ…“出世順位”西武19年ドラ3サイド右腕の挑戦

©株式会社Creative2

西武・松岡洸希【写真:球団提供】

来季2年目の松岡洸希、身長が低かった中学時代はプロの夢を諦めていた

コロナ禍の影響で120試合に短縮された2020年は、ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた。プロの世界に飛び込んだルーキーたちにとっても難しいシーズンになった。西武の2019年ドラフトで入団した選手を紹介する企画も最終回。松岡洸希投手の原点に迫る。

子どものころ野球観戦に行き、自分もやりたいと思ったことがきっかけで小学1年生から野球を始めた。夢はもちろんプロ野球選手だったが、中学生の時に早くもその夢を諦めていた。今は180センチと長身だが、当時は身長が低かったからだ。

「中学校の部活で野球を続けていたのですが、周りの人たちのレベルが高かった。自分は身長が150センチくらいしかなく、小さくて力もない。これじゃ無理だなと思って、一度プロの夢を諦めました」

高校は自宅から近く、兄も通っていたという理由で埼玉・桶川西高に進学。趣味程度で野球ができればと思っていたが、急に身長が伸びたことで再びプロを目指すようになった。

「物を作ったりするのが好きなので、何かの職人になろうと思っていました。でも、高校に入って2年生くらいから急に身長が伸びると、力や足の速さも一気に伸びて、周りの人より少し抜けてるかなと思い始めました。それから、上を目指すようになりました。身長は高校を卒業するときには178センチくらいになりました」

高校では内野手で、投手を兼任するようになったのは3年の春から。最初は球速120キロほどだったが、ウエートトレーニングで下半身を強化し、143キロを記録するようになった。だが、3年夏の北埼玉大会では、前年度甲子園覇者の花咲徳栄高にコールド負け。プロ志望届を提出したが、NPB球団からは指名漏れ。自身にとっては当然のことで、独立リーグに行くための提出だった。

「その時は、NPBは頭にありませんでした。最初は大学や社会人で成長してからNPBを目指そうと考えていたのですが、大学は4年、社会人は3年かかるし、チャンスも1回しかない。それより、毎年NPB入りのチャンスがある独立リーグに行こうと思いました」

ルーキーイヤーはほろ苦「まずは1年間戦える体力、身体の強さをつけたい」

卒業後はルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団。肘を痛めたことがきっかけでサイドスローに転向すると、才能が開花した。元ヤクルトで韓国代表だった林昌勇を参考にしたフォームで「武蔵の林昌勇」の異名を誇った。昨年6月のBCリーグ選抜とDeNA2軍との試合で3者連続三振を披露すると、9月にはオリックス2軍との試合で最速149キロを記録。NPB球団から注目を集めるようになった。

「サイドスローのピッチャーを思い浮かべた時、頭の中にぱっと出てきたのが林昌勇投手でした。動画などを見ましたが、全部に惚れました。球速も上がったので、サイドスローが自分に合っていたんだと思います」

同年代の選手が大学4年でドラフトを迎える年までに指名がなければ、NPBは諦めようと思っていた。しかし、わずか1年で西武から3位指名を受けた。ルーキーイヤーの今季は1軍で中継ぎとして2試合に登板。計2イニングを投げ5安打3失点とほろ苦い経験となった。

「1軍で投げた時は、力の差を感じました。ほとんどのバッターが初めての対戦だったのですが、それでも1打席で合わせてきたり、際どいところを見逃してきたり、カットされたり……。2軍では味わえない経験ができました。シーズンの終わりくらいに呼ばれて、2軍で結構投げていたので、体の疲れを感じ始めていた時でした。まずは1年間戦える体力、身体の強さをつけたいと思います」

過去の西武のドラフト3位では、浅村栄斗内野手(現楽天)や秋山翔吾外野手(現レッズ)、外崎修汰内野手、源田壮亮内野手らが名を連ね、出世順位と言われている。しかし、プレッシャーは全くない。

「プロに入ったら周りはみんなライバル。順位に関係なく活躍できるように頑張りたいです。抑えは僕の憧れのポジションなので、西武の守護神を任されるピッチャーになりたいです」

投手歴わずか2年でNPBの舞台を勝ち取った20歳のシンデレラボーイは、今後どんな未来を切り開いていくのか。来シーズン以降の成長に注目したい。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)