米、同盟結束で対中国強固に

バイデン氏、移民政策を転換方針

© 一般社団法人共同通信社

28日、米デラウェア州ウィルミントンで演説するバイデン次期大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】バイデン次期米大統領は28日、東部デラウェア州ウィルミントンで演説し、同盟・友好国と結束し、人権侵害や貿易問題で中国に強い立場で臨む考えを示した。

 バイデン氏は中国に関し、競争相手だとした上で「中国政府に貿易、技術、人権などの問題で責任を負わせるため、同盟・友好国と結束すればより強固な立場をとれる」と指摘。米中間の課題として、インド太平洋地域の安全と繁栄の確保のほか、米国の労働者や知的財産を守るための貿易問題などを挙げた。

 また、トランプ政権の看板政策である厳しい移民政策を転換する方針を明言した。