井岡、田中とも予備検診異常なし

ボクシング、大みそか世界戦

©一般社団法人共同通信社

世界戦へ向けた予備検診を終え、取材に応じる王者の井岡一翔=29日、東京都内(Ambitionジム提供)

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(31日・大田区総合体育館)の予備検診が29日、東京都内で行われ、2度目の防衛を目指す井岡一翔(Ambition)、4階級制覇を狙う田中恒成(畑中)はともに異常なしと診断された。

 井岡がリーチは2センチ長く、胸囲はスーパーフライ級初戦の田中に対し、5.5センチ上回った。

 井岡は「いい調整ができている。(同等の体格で)いつもよりやりやすいのでは」と淡々と語った。田中は「減量も含めて体調が今までとは全然違うので、いいパフォーマンスを見せられる自信がある」と話した。