【今でしょ】自粛期間中にママが買っちゃった! 自分のためのお買い物5選

©株式会社マイナビ

自粛期間中は、多くの人が外出、外食など気分転換もままならない生活を余儀なくされました。出かけるのは、近所のスーパーに食料品や日用品を買い出しに行くときだけ……。これではストレスもたまりますね。そこで、自粛期間中のストレス解消として買ったものについてアンケートをとってみました。みんなのお買い物事情をのぞいてみましょう。

(イラスト:まちこ @achiachiachico

自粛期間中、自分のストレス解消のために買ったものはありますか?

コロナ禍で、働き方や価値観に変化があったと答えた人は6割以上でした。多くの人が、変化を実感している反面、変わらないと答えた人も、4割近くいます。働き方や価値観の変化は、子育てにも影響があるでしょうか?

それぞれ、どのような意見があったのか、見てみましょう。

ストレス解消にはおいしいもの!

ストレス解消には食なので、お取り寄せスイーツをした
(32歳/建設・土木/事務系専門職)

観光地の食品福袋。 予定していた旅行がキャンセルになったので、気分だけでも味わいたく購入。
(36歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

ストレス発散のためにチョコを……。食べすぎてコロナ太りしました……。
(28歳/情報・IT/技術職)

ストレス解消には、やはりおいしいもの、甘いものが一番ですね。やはり、いつもは買わないような少し高めのスイーツやお酒などをお取り寄せした、という人が目立ちました。

いまはネット通販で、外出しなくてもさまざまなものが購入できます。外出自粛で痛手をこうむった地方の観光産業を助けるためにも、お取り寄せのお買い物はいいですね。自分だけではなく、困っている誰かのためになり、家族も楽しめるお買い物です。

運動不足解消グッズを購入

ストレッチポール。慢性肩こり&ステイホームでなまった体の解消に。
(37歳/主婦)

マッサージ機。
(40歳以上/金融・証券/事務系専門職)

おいしいものを食べて外出を自粛し、仕事もリモート勤務となると、問題になるのは運動不足です。自粛期間中に体重が増えたという嘆きもよく耳にします。全体に、自宅でできる運動や筋トレに注目が集まり、自宅トレーニング(宅トレ)グッズの売れ行きがなかなか好調なようです。特に、ストレッチ運動の補助に使われるストレッチポールや、筋膜リリース(筋肉をほぐす運動)に使われるローラーが人気になっているようですよ。

家事を効率的にする時短家電

乾燥機付き洗濯機。
(33歳/商社・卸/事務系専門職)

お掃除ロボット。
(38歳/小売店/販売職・サービス系)

食洗機を買いました。
(34歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

乾燥機付き洗濯機、食洗機、お掃除ロボットは、まさに現代の三種の神器と呼ばれる時短家電です。共働き家庭では、家事の時間短縮は必須事項といえるでしょう。しかも、在宅勤務に保育園の休園と、自粛期間中は仕事と家庭の切り分けが難しいご家庭が多かったのではないでしょうか。少しでも家事の負担を減らし、子どもと向き合う時間を創ったり、仕事をしたりする時間を確保するための購入品だといえるでしょう。

趣味の時間を充実させるアイテム

プロジェクター。大画面でアマゾンプライム。
(40歳以上/学校・教育関連/その他)

ホームベーカリー。お菓子やパン作りがストレス解消だったので。
(36歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

手芸が好きなので、布などを買ってきていろいろな物を作った。マスク作りも流行っていたので、ミシンを出せてちょうどよかった。
(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

どこにも出かけられない休日は、趣味の時間を充実させたという人も多かったようです。ご家庭でお菓子作りを楽しむ人が増え、小麦粉が一時品薄になる事態にもなりました。マスク作りは趣味と実益を兼ねた過ごし方ですね。なかには、ゲーム機を購入したという人もいました。こちらも自粛期間中の人気商品となり、抽選販売になったので、買えた人は運がよかったのでは?

癒しはよりよい睡眠から

休養が必要だから、ふとんを増やした。
(28歳/情報・IT/事務系専門職)

枕とマットレス。少しでもいい睡眠で癒されたい。
(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

ストレス解消のために、睡眠グッズを買った人もいました。確かに、睡眠は体と脳を休める大切な時間です。睡眠時間だけではなく、質も重要といわれており、枕やマットレスなどの寝具もさまざまなものが販売されています。ママたちは、子どもを寝かしつけながら、ついつい自分も寝入ってしまうことが多いですね。寝室の明かりや寝具の色も、工夫すると眠りの質が向上しますよ。

まとめ

自粛期間中は、なにかとストレスがたまりがち。なかには、靴やバッグ、口紅など、外出する予定はないのに、ネットで購入してしまったという人もいました。おしゃれをして出かけたいという願望の表れかもしれませんね。いつも、子どもや家族を優先してしまうママも、たまには自分のために買い物をしたり、時間を作ったりして自分自身をいたわってあげてください。ストレスを上手に解消して、免疫力アップを目指しましょう。

マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2020年8月4日~8日
調査人数:122人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)