朝読書に美しい山の風景を!自然に寄り添うエッセイ集『花の百名山』

©アイランド株式会社

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『花の百名山』

脚本家・田中澄江の山と花をめぐるエッセイ集です。生涯、自然を愛した人が百の山についての思い出やエピソードをつづります。朝読書に心がみずみずしくうるおう一冊をどうぞ。

花の百名山
著者:田中澄江
出版社:文藝春秋

山の話を少しずつ、ゆっくりと味わいながら読む。著者があこがれの花々と出会うたび、私も立ち止まってその喜びを感じたい。どんどん読み進めてしまってはもったいない気がします。

田中澄江さんは十代の終わりから山に登り始め、結婚式の数日前にも登ったほどでした。ただ、若い頃は山を歩くことに夢中で、足もとに咲く花を見る暇もなかった。花の名前も知らなかったそうです。

何十年もたったあとで同じ山をゆっくりと歩きながら、著者は道に咲くアズマイチゲの清楚な花に気づきます。そして、ほかの何種類もの花にも目を向け、長い冬に耐え抜いた植物の生命力に心を動かされるのです。

年齢を重ね歩みが遅くなったからこそ気づくことがある。田中澄江さんの人生経験が愛する山との向き合い方を徐々に変え、花への思いが深まっていったのかもしれません。「自然がこんなにも美しいなら、もうちょっと、もうちょっと、生きていてみよう」——。四季折々の山の風景に、著者の言葉が重なります。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/