日本医師会中川会長「全国会議員による全ての夜の会食自粛」を提案 

© 合同会社ソシオタンク

 日本医師会の中川俊男会長は、6日の定例会見の中で新型コロナの感染拡大に関し見解を表明した。政府が7日にも出す緊急事態宣言発出の決断に高く評価するとともに、国民と危機感、連帯感を共有するため「全国会議員による全ての夜の会食自粛」を提案した。

「『隗より始めよ』だ」

 中川会長は会見の冒頭、現状について発言。政府が7日にも発出する緊急事態宣言の決断に対し「高く評価する」と述べるとともに、春頃の国民の危機感と連帯感を取り戻すことが必要であり、そのために啓発に重きを置いて欲しいと要望。その具体例として「全ての国会議員が、人数に関わらず全ての夜の会食を自粛」することを提案した。同会長は「『隗より始めよ』で、国民に範を示していただきたい」と国会議員に行動を促した。

「現実はすでに医療崩壊」

 また同会長は、民間病院を中心にコロナ患者診療を行なっていない病院があるとして、そうした医療機関を稼働させれば医療崩壊は起きないという見方に対して反論。「現在の医療体制は感染症診療とそれ以外の通常診療を両立させるよう、機能分化させている」とし、診療を行なっていない医療機関は主に感染症を診る機能を持っていないことが理由だとし、単に診療拒否しているわけではないと示唆した。また「全ての医療が受けられないのは『医療壊滅』。必要な時に適切な医療を提供できない、受けられないのが医療崩壊。現状はすでに医療崩壊だ」と現状の危機的状況を改めて説明した。