立ち往生200台救助へ自衛隊出動 東海北陸道

© 株式会社北日本新聞社

除雪支援に向かう自衛隊の車両=10日午前11時10分ごろ、福光IC

 富山県内での大雪のため、東海北陸自動車道福光インターチェンジ(IC)ー小矢部砺波ジャンクション(JCT)で9日夜から交通障害が発生し、富山県などによると10日午前7時半時点で、高山方面に向かう上り線で約200台が立ち往生した。県は除雪支援のため自衛隊に災害派遣を要請。陸自金沢駐屯地が隊員を送った。

 中日本高速道路と県によると、9日午後3時15分ごろ、上り線の南砺スマートインターチェンジ付近で大型トラックが雪にはまったとの連絡が入った。

 同区間は1車線のため、南砺スマートICー小矢部砺波JCT間の約3キロで約220台がストップ。午後7時から同区間の上下線とも通行止めにした。

 県には10日午前0時半に同社から連絡があり、午前4時に自衛隊に派遣要請した。9日深夜から10日未明にかけてドライバー2人が体調不良を訴え、病院に運ばれたという。

 富山河川国道事務所も同区間へTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)として、ロータリー除雪車と除雪ドーザー各1台を派遣する。

トラックが立ち往生する東海北陸道で進む除雪作業=10日午後1時10分ごろ、南砺市柴田屋