【東京オートサロンを振り返る】日産 ジュークが“戦車”に!? メーカーがホンキで遊ぶと凄い事になる一例を見た

©株式会社MOTA

日産が2019年の東京オートサロンに出展したJUKE(ジューク)のカスタムカーには誰もがあっ! と驚いた。なんとタイヤの代わりにクローラー(無限軌道、いわゆる“キャタピラー”)を装着していたのだから。そして、メーカー自らホンキで遊んでいるように見える楽しいコンセプトカーに隠された狙いとは!? 改めて振り返ってみよう。

NISSAN JUKE Personalization Adventure Concept(日産 ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト)[東京オートサロン2019出展・参考出品車] 撮影:渡 健介

純正作品ならではの完成度にも注目したい

写真はベースモデルの「日産 ジューク」

東京オートサロン2019でメーカー自ら出展した「日産 ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプト」は、4輪タイヤの代わりに雪山や泥濘路でも走破出来る“クローラー”を装着したモデルだ。

大胆にデフォルメされたオーバーフェンダーだが、ベース車のフェンダーラインそのままなラインを綺麗にトレース。こんなにふざけておきながらまるで違和感がない仕上がりっぷりは、さすがメーカー純正作品である。

おふざけのようにみえて、マーケティング上の狙いもあった!?

しかしこのジューク クローラーはただ単におふざけというだけでもない。ジューク 16GT FOURやNISMO RSに搭載されるインテリジェント4×4(トルクベクトル付)によるスムーズな旋回性能を想起させる狙いがあったのだ。

トルクベクトル機能はリアのデフ(駆動を繋ぐ車軸中央部のギア機能)に備わり、エクストレイルに搭載される”オールモード4×4-i”の機能にプラス。路面や走行状態に応じてトルク配分を前後(100:0~50:50)だけでなく後輪左右(100:0~0:100)まで、最適にコントロールしてくれる。ぐいぐいと曲がる旋回性能は、あのGT-Rを超えると評されていたほど。

ならばこのクローラー仕様になったトルクベクトル付インテリジェント4×4のジュークで、雪上で思いっきり走ってみたかったものだ。

80通りに及ぶカラーセレクト可能なパーソナライゼーションも訴求

写真はジューク パーソナライゼーションの一例

さらにジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプトには、当時のジュークに用意されていた「パーソナライゼーション」の楽しさも訴求する役割も果たしていた。もともと個性的なジュークのスタイリングをさらに際立たせる、内外装の自由なカラーコーディネイトが出来るというもので、80通り以上(発売時期により異なる)に及ぶカラーセレクトが可能だった。

,
,

ジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプトで選択されていたオリジナルのマットホワイトとマットブラック2トーンカラーにフローセントグリーンの組み合わせは、残念ながら市販版ジュークには採用されずじまいだったが、ちょっと真似してみたいオシャレなコーディネイトである。

一見すると単なるデザイナーのおふざけのように見えてしまうメーカーのコンセプトカー。でもその裏にはいろんな狙いが隠されていた、という好例がこのジューク パーソナライゼーション アドベンチャー コンセプトなのだった。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:渡 健介・MOTA編集部・NISSAN]